『ファミジャム』vol.1  主催&レポート:井上大地

好評の内終了いたしました。パチパチパチパチ
次回も皆様が忘れた頃にぬらっと企画致しますのでふるってご参加下さい。

さて、当日お持ち頂いた曲をリスト化させて頂きつつ『具体的にセッションしやすくするためのワンポイント』
を僭越ながら私よりおつけして、レポートさせて頂きました。

『下記楽曲リスト』は一般のフリージャムセッションに持ち込んでも演奏可能な様に工夫されております。
競演の演者さんにやりたい曲のコード譜を渡し下記<曲タイプ><リズム><1point>をお伝え頂くと
セッション経験者の方ならまず対応してくれるような、実践的なレポートを目指しました。

機会のある方は是非よそのジャムセッションや余興、ライブ活動などに役に立てて頂けたらと思います。

※当日の楽しげな動画はこちらよりご覧頂けます

⇒ https://sites.google.com/site/814famijam/home

※公開について細かく条件付でNGとされた方が中心となったセットは取り下げ・音源のみの公開となっております
(他の方のサポートをしている・鑑賞しているなどで映りこんでいるものは公開対象としています)
※本イベントは有志の方のご協力で行われており、動画・音源の公開は営利目的で行われておりません
 ブログやHPへのリンクや友人・知人へのシェアなどして頂いて結構ですが、どなたかにご迷惑がかかることの
 ないようにお願いします。

8月14日 西荻窪zizi annabell にて

01)【アイスクライマー/Ice Climber】
タイプ:Blues Key=C
リズム:Shuffleもしくは4beat
1point:テーマは通常、曲を持ってきた本人が演奏します。ソロは各自に回します。
<メモ>
12小節のブルース進行の曲です。初心者の方はまずこの曲のテーマと、バッキングを練習すると良いと思います。
テーマは大体2回し(24小節)、その後は各演者にソロを回していきましょう。ソロ回しのコツは回したい人の目を
見つめながら優しい表情をすると大体慣れた方なら「俺に任せとけ・・・」と心の中で語りながらソロを始めてくれる
でしょう。動画だと1:44や2:48がそのシーンになります。どうです優しい表情でしょう・・・え!おじさん達が見つめ合って
気持ち悪いですって?そんな方は「Guitar,Come on!」「Blowin' Sax」「タイガーアッパーカット」など掛け声でソロふりしましょう。
大事なことは余裕を持って4小節前には合図を送ることです。最後に「後テーマ(動画6:43)」をやってエンディングです。
エンディングのフレーズ「ドーミッファ ソラシド」は世界遺産級のフレーズです(笑)さあ皆もやってみよう。


02)【新・鬼が島/Shin Onigashima】
タイプ:サンタナ風ギターインスト Key=Am
リズム:8beat
1point:最初1コードでベースドラムで入って、ギターがテーマを弾き始めたらコード進行させます。
    ソロは1〜2回しずつ、合図を出し合って、最後にテーマに戻ったらエンディングです。
    エンディングはイントロみたいにAm一発でドラム、ベースだけになって気分が高まったら終わらせましょう。

<メモ>
ギタリストはソロ中はAmのペンタ一発で遊べるので、ギタリスト向きの曲かもしれませんね。ロック出身の方でも
サンタナのようにチョーキングさせたままフィードバックさせ右手で天を仰いだり、ジミヘンのようにギターを燃やしたり、
カートコバーンの様にアンプにギターを突き刺すなど、とくにかくロックスターになったつもりで弾き倒しちゃって下さい。
※楽器は各時の私物でお願いします
各自にソロ回しをしたら後テーマに戻ってエンディングです。イントロ・エンディングは1pointにあるように思い切って
ドラムとベースの方に振っちゃいましょう(笑)セッション初心者〜玄人までギタリストは是非本曲を取り上げてみて下さい。

03) 【星をみるひと/Hoshi wo miru hito】

タイプ:スローバラード Key=Cm
リズム:8beatもしくはルンバ・アフロキューバ風
1point:原曲より少しテンポ遅めで、イントロ後テーマを二回しその後は各自にソロ回しします。
    合図で後テーマへ、エンディングはイントロと同じフレーズを最後にくっつけて下さい。

<メモ>
ファミコン原作の退廃的(クソゲーとは言ってない)な世界を表された、雰囲気のある曲です。こちらはスローの8beatでも
いいですが、動画のようにリズムパターンをラテン調(ルンバ・アフロキューバ等)にするとまた原作のように個性のある
(クソゲーとは言っていない)味わい深いセッションになりますね。動画2:20辺りからの後テーマ中に後ろでギターが絡み
全体を盛り上げるなど自然発生的なアンサンブルがステキですね。動画3:43あたりでリズム隊が離れリタルダンドしていき
イントロのフレーズを被せるエンディングなんていかがでしょうか?バラードが演奏したい時に是非チャレンジして下さい。

04) 【ぼくドラキュラくん/Boku Dracula-kun】
タイプ:テキーラ風50s'Latin Rock Key=
リズム:2beat
1point:テキーラ風なリズムで、イントロは一発でテーマに入ったら進行して下さい。構成は最後のブリッジ8小節までが
一回しなのでソロをとる時はその辺りまでお願いします。ソロ回しして後テーマへ、最後の8小節目でテキーラみたいな
エンディングをつけましょう。
<メモ>
今回のファミジャムで発掘されたセッション向きな名曲です。The Champs の名ナンバー「テキーラ」のようなリズム
で演奏されていますが、悪魔城をメジャーキーにしたような曲調と言われてみるとわかりやすいですね。
この曲をセッションする際はイントロとエンディング、コード進行(全体の構成)を入念に打ち合わせしてから始めましょう。
決してシンプルなタイプの曲ではないので、セッション慣れしていない方は迷子になってしまう可能性が高いからです。
ドラマーやベースへのソロ振りも構成を見失う可能性がある場合は控えましょう。なおソロをとった人はテキーラを飲み干しましょう。

05) 【ロードランナー/Lode Runner】
タイプ:一発もの Key=G
リズム:フリー
1point:固定のリフをループさせ、自由にリズムパターンを変えて遊びましょう
<メモ>

短いリフを繰り返し、極即興的な演奏を楽しむ楽曲です。コツはリズムパターンは変わっても
テンポは変えないということ。こういうフリーセッションは初心者も玄人も老若男女も問わず、
赴くままに演奏しましょう。こういうセッションではグダグダにならないよう動画7:25のように
合図はわかりやすく行いましょう。動画では一種変態的な仕切りが炸裂しており大変愉快ですが、
こういう自由な雰囲気から思いがけないアイディアが出たりもするので煮詰まった時なんかは、
こうい風に遊んでみるのも楽しいですね。

06) 【イーアルカンフー/Yie Ar Kung-Fu】
タイプ:中華風Funk jam Key=F♯m
リズム:跳ねた16beat
1point:ビートは跳ねた16beatで、構成は循環コード進行になっていますのでコード譜の進行を
繰り返して下さい。ソロ回しして、後テーマにてエンディングはF♯mを白玉(全音符)打ち離しで
お願いします。

<メモ>
ミドルテンポでのFunky系楽曲、かつ循環進行の曲はベースやドラムソロにも向いているbeatなため、
セッション前に事前にやるかどうかを聴いた上で振ってみましょう。シンプルな曲ですのでこちらも
是非よそのセッションへもって言ってみて下さい。出落ち感は否めませんが名曲です。

07) 【ワイワイワールドよりコナミマン/Konami Wai Wai World】
タイプ:Bossa Key=C
リズム:アップテンポのBossa
1point:アップテンポのBossaでテーマからソロ回し後は後テーマに行きます。
そのままテーマ最後の
フレーズでリットさせながら終わらせます
<メモ>
こちらもドラキュラ君と同様隠れセッション向き名曲です。
動画ではエンディング用コード進行(実はワイワイワールドエンディング曲のコード進行)を
足してますが打ち合わせ時間がない時などは、テーマの最後のフレーズをリタルダンドさせて
エンディングっぽく演出しましょう。あーんおしゃれーとかうふーんすてきーとかモテたい人はやるべき。

08) 【スーパーモンキー大冒険/Super Monkey Daiboken】
タイプ:中華風8beat Key=?
リズム:ゆったりとした8beat
1point:
<メモ>
こちらはコード譜がない状態で行われたセッションです。冒頭で曲を知っている方から
コード進行の指示をもらいながらの演奏がご覧になれます。急な飛び入り、あるいは過去に
やったことがある方と初めましての方が同じセットになる時等に稀にみられるパターンです。
一回し〜二回し目で楽曲の構成を読み取れないとながいたびが はじまってしまうため
少しだけ高度な技術が必要になります。

09) 【Bugってハニー/Takahashi Meijin no Bug-tte Honey】
タイプ:歌モノ Key=B♭
リズム:8beat
1point:イントロ後一回し目が一番、ソロ回しをし二番へ、最後は合図でエンディングへ
<メモ>
セッションでは楽器だけでなく当然ながら歌モノも持ち寄られることがあります。
基本的には歌われる方が持ってきたコード譜に忠実に演奏することを心がけます。
楽器だけのセッションと大きく違うのは”歌詞が聞き取れる音量バランス”と
”ボーカルの方が歌いやすい環境の実現”を一番に考えることです。
ボーカルの方はソロふりや歌いだす時の合図出し、エンディング合図出しは
オーバーアクション気味でも良いのでわかりやすく、演者に伝えるようにしましょう。

10) 【F1レース/F1 Race】
タイプ:Bebop Jazz風 Key=F
リズム:4beat
1point:ビバップ風のアップテンポの4beatです。構成がA-B-A´となっているので気をつけて下さい。
エンディングはコーダに専用の進行を用意しました、ソロ回しして後テーマでコーダへ行って下さい。
<メモ>
こちらは今回のファミジャムの中で一番ジャズセッションっぽいですね。4barsでのソロ回し等を
楽しんでみて下さい。イントロやコーダへ飛んだ直後にドラムソロを4小節挟むとよりバップ感が
増しちゃったりします。

11) 【戦場の狼/Commando(Senjo no Okami)】

※本セットは条件付公開NGがあったため動画公開されていません
タイプ:行進曲風ジャム Key=?
リズム:2beat(Shuffle)
1point:シンプルな循環進行の曲です、各自ソロ回しして、後テーマに戻ったらドラムだけを残して
ドラムきっかけでエンディングにしましょう。
<メモ>
とてもエスニックな雰囲気の曲ですね。こういう曲は割りとドラムをフィーチャリングするといい
と思います。他のメンバーで「ダッダダダダ!」をキープしドラマーに遊ばせるなどロードランナーに
引き続き実験的なセッションも可能だと思います。

12) 【究極タイガー/Twin Cobra(Kyokyoku Tiger)】
※本セットは条件付公開NGがあったため動画公開されていません

タイプ:Rockn'Roll Key=?
リズム:8beat
1point:
<メモ>

13) 【DQカジノのテーマ/Dragon Quest Casino】
タイプ:Swing Jazz Key=F
リズム:4beat(Swing)
1point:?
<メモ>
こちらもスーパーモンキーと同様コード譜のない形でセッション。
曲調もあいまって、あまりお堅くソロ回しだのテーマだのって感じより
皆でわいわい楽しむ感じがいいと思います。動画で突然テンポが倍早くすることを
”バイテン”といったりします。こちらもロードランナー、戦場の狼のように実験的に
皆で気楽に遊べる楽曲という感じです。

14) 【パルテナの鏡/Kid Icarus(Palutena no Kagami)】
タイプ:行進曲風ジャム Key=A♭
リズム:Shuffle
1point:譜面の構成通りに循環させ、テーマ、ソロ回しとやり、エンディングは
A♭一発にして合図でリズムパターンを合わせて終わりましょう。
<メモ>
Bメロ付近が割り切れない小節数となるため、ある程度セッション慣れした方
でないと迷子になりやすい曲です。あまりセッション向きではありませんが、
ソロを思い切ってA♭一発にするなどでセッション向きな構成になると思います。

15) 【スーパーマリオ水中のテーマ/SuperMarioBros.In The Sea】
※本セットは条件付公開NGがあったため動画公開されていません
タイプ: Key=
リズム:
1point:

16) 【FF3悠久の風/Final Fantasy V Eternal Wind】
※本セットは条件付公開NGがあったため動画公開されていません
タイプ: Key=
リズム:
1point:

17) 【スーパーマリオ スター/SuperMarioBros. Star】
※本セットは条件付公開NGがあったため動画公開されていません
タイプ: Key=
リズム:
1point:

18) 【DQ2 この道我が旅ED/Dragon Quest 2 ED】
タイプ:歌モノ Key=C
リズム:8beat
1point:イントロ後一回し歌い、ソロへ。歌でサビ戻り、そのまま最後まで
<メモ>
こちらはコード譜なし、全員原曲を知っているというある意味裏技的ジャムセッション。
ファミジャムの締め括りに、整理体操の役割のような感じで演奏致しました。
実際にセッションで歌う際はコード譜を持参すれば伴奏をつけてもらえるくらい
シンプルな曲ですので、生演奏で歌ってみたい!という方にもお勧めの曲です。
歌詞の「今 夢を熱く燃えたぎらせ」部分を気持ちよく歌える高さがあなたのキーです。
歌い出しが低いのでキーを高くしすぎると上記部分で青筋太郎(誰?)になって
しまうので気をつけましょう。

以上、ごらん頂きありがとうでした〜。

【ファミジャムとは?】
ファミコンの曲をさもジャズスタンダード/ブルーススタンダード曲のように、簡単なコード譜と
ガイド的なメロディ譜とヘッドアレンジのみで即興的に演奏する催し。初心者からジャズ奏者の
方まで幅広く楽しめる参加型イベントとして井上大地(from コロニー落とし)が主催している。
将来的にファミコンスタダード曲集を纏めることを夢見ながら不定期で開催中。